フリートラベル日記

ANA-SFC IHG-スパイア MRT・SPG・RITZ-プラチナ

シンガポール航空のスイートクラス マイルで発券

夢のシンガポール航空 A380 スイートクラス体験

マイルでスイートクラス発券の詳細

シンガポール航空 HPから特典航空券で161,500 マイル(15%WEB割引き)+ ¥49,020 / 1人あたり(嫁さんと行くので)2人分 発券しました。

 

往路 関空ーシンガポール  (A380-800 スイートクラス 12座席)

   シンガポールーシドニー(A380-800 スイートクラス 12座席)

復路 シドニーーシンガポール(A380-800 スイートクラス 12座席)

   シンガポールー羽田  (B777-300 ファーストクラス  8座席)

羽田ー関空の国内線をANAで取り、無理やり関空からのA380で出発です。「羽田からシドニーは直行便があるのに、なぜ関空経由にするのか?めんどくさい!」と嫁さんに言われました。羽田空港はB777-300の運航しかなくA380に乗りたければ、関空へ行くしか無いんです。面倒でもスイートクラスに乗る為です。

チャンギ空港のプラベートルームを使いたい!

往路のシンガポールでは乗継ぎ時間が長いのでチャンギ空港のファーストクラス・ラウンジ(プライベート・ルーム)で楽しむ予定。東京のシンガポール航空さんに、チャンギ空港ラウンジの事を聞いたら知らないと言われ調べる気配も無し、ANAダイヤモンド会員への対応に慣れきってしまい、シンガポール航空ヒラ会員への対応を痛感し電話を切りました。

 

再度、現地シンガポールのクリスフライヤーに電話確認、「24時間営業のラウンジもあり仮眠室もある」と言うので、トランジットホテル利用をしなくて済みそうです。

実際にプライベートルームを利用した時の実体験

チャンギ空港ターミナル3のシルバークリスラウンジを利用しました。現地の誰に聞いても「ターミナル3に仮眠室は無い」と言われました。

 

仮眠は、ビジネスクラスラウンジ 奥のソファーで毛布と枕を渡され熟睡しました。

プライベートルームで、仮眠室が無い為トランジットホテルの相談をしたんですが、

「ビジネスラウンジで仮眠しなよ、食べ物も飲み物あるし、全く問題ないよ」

と言われ、慣れた感じで 枕と毛布を用意してくました。

(その他の人には、枕や毛布を渡していませんでした、プライベートルーム利用者だけ渡す感じです。)その後、プライベートルームのスタッフと一緒にビジネスラウンジのソファーに同行しました。ビジネスラウンジの中は安全で熟睡できました。