フリートラベル日記

ANA-SFC IHG-スパイア MRT・SPG・RITZ-プラチナ

ドイツでルフトハンザ・リモワを購入 成功と失敗

出発前準備

憧れのルフトハンザリモワ(ルフトハンザ航空とリモワのコラボ商品)、日本のリモワ正規店では取り扱いが無く、ネットやオークションで買うと高くて購入できません。そこで原産国のドイツへ旅行のついでにリモワを購入することにしました。

欲しいモデルを確実に入手する為、ワールドショップでWEB予約をしておきました。

  • Boeing ボーイング
  • Private Jet プライベートジェット

日本でもかなりの人気のモデルで、ネット販売でも入手困難だったり、暴利に高値で売買されている商品です。

ドイツのミュンヘンに到着

空港のルフトハンザ ワールドショップ店を探しました。お店はルフトハンザ専用のターミナルにあり、その他のエアライン・ターミナルからかなり移動、やっと着いた記憶があります。

リモワと対面

成功

いよいよ注文したリモワと対面です。当日、店頭に無い商品もあったので予約して正解だと思いました。

失敗

しかし、なんと店員がこう言ったのです、「帰国便まで預からない、持って行って」じゃ帰国時に買いに来るから、置いといてくれと言ったら「キャンセル扱いにする」と言いやがったのです。

「こんな大きいの持って行けない、裏に置いといて頼むよー」とお願い、しつこく店員にアプローチしましたが、責任者の兄貴が出てきて ダメだと一刀両断。

泣く泣く持参です、移動が大変でした。絶対、帰りに購入した方が良いですよ。

あと初めての タックス・リファウンド も大変でした、時間に余裕を持ってやらないと、お店と窓口の距離も遠いし、窓口が混雑していて搭乗に間に合わなくなります。

乗り継ぎ時間の短い人は、約10%の返金を諦める事も覚悟しといた方が良いかもしれません。

今年はフランクフルトに行く予定になっているので電子タグ付きのルフトハンザのリモワ、サルサかトパーズをアウトレット価格で買いたいです。

まとめ 

予約は良かったが、購入は帰りに、取り置きはしてくれない。