フリートラベル日記

ANA-SFC IHG-スパイア MRT・SPG・RITZ-プラチナ HILTON-ダイヤ

ドイツでルフトハンザ・リモワを購入 成功と大失敗

出発前準備

憧れのルフトハンザリモワ(ルフトハンザ航空とリモワのコラボ商品)、日本のリモワ正規店では取り扱いが無く、ネットやオークションで見ると高くて購入できません。そこで本場ドイツ旅行のついでにリモワを購入することにしました。

欲しいモデルを確実に入手する為、リフトハンザ航空の販売サイト、「ワールドショップ」でアルミのモデルをWEB予約をしておきました。

  • Boeing ボーイング
  • Private Jet プライベートジェット

日本でもかなりの人気のモデルで、ネット販売でも入手困難だったり、暴利に高値で売買されている商品です。

ドイツのミュンヘンに到着

空港でルフトハンザ ワールドショップ店を探しました。お店はルフトハンザ専用のターミナルにあり、その他のエアライン・ターミナルから長い距離を移動、ようやく着いた記憶があります。

リモワと対面

お店にはルフトハンザリモワが所狭しと並んでいます、ポリカーボネイトの商品もたくさんありました。

成功した事

いよいよ注文したリモワと対面です。当日、店頭に無い商品もあったので予約して大正解だと思いました。

大失敗した二つの事

失敗その1です

「帰国の時に引き取りますね」とホテルへ行こうとしたら、なんとなんと店員さんがこう言ったのです、「帰国便まで預からない持って行って、置いて行ったらキャンセル扱いにします」と言ったんです。お〜人種差別かぁ〜白人に同じ事が言えるのか〜と感じましたが、深呼吸をして笑顔で

「こんな大きいの持って行けない、裏に置いといて頼むよー」とお願い、しつこく店員にアプローチしましたが、責任者の男性が出てきて「 ダメだ」と一刀両断。

泣く泣く持参です、ボーイングの大と小を一つずつ、プライベートジェットの大と小を一つずつの合計4つ、苦肉の策で大きいほうを開けて小さいバゲッジを入れました、イメージはロシアのマトリューシカです、それでも大きい段ボールが二つです、ミュンヘンのヒルトンホテルまで移動が大変でした。いま思うとタクシー代ぐらいのチップを握らせて置いといてもらえば良かったです。そのような考えが日常では無いので試せませんでした。絶対、帰りに購入した方が良いですよ、ネット予約の場合は帰国便の日を入力です。

失敗その2です

タックス・リファウンド も大変でした、時間に余裕を持ってやらないと搭乗に間に合いません、購入した店と申請窓口の距離が遠く、窓口が大混雑しています、不備があると、店に戻って書類を整え、また行列に並ばなくてはいけません。

乗り継ぎ時間の短い人は、約10%の返金を諦めた方が良いかもしれません。

 

今年はフランクフルトに行く予定になっているので電子タグ付きのルフトハンザのリモワ、サルサかトパーズをアウトレット価格で買いたいです。

まとめ 

予約は良かったが、購入や引き取りは帰りに、取り置きはしてくれません。