フリートラベル日記

ANA-SFC IHG-スパイア MRT・SPG・RITZ-プラチナ

チャンギ空港「ザ プライベート ルーム」のシャンパンとワイン

シンガポールのチャンギ国際空港The Private Room

チャンギ国際空港シンガポール航空のラウンジ「シルバークリスラウンジ」内にビジネスクラスラウンジとファーストクラスラウンジがありますが、プライベートルームはファーストクラスラウンジの奥にある秘密の部屋です、シンガポール航空のファーストクラス搭乗者しか入場できません、他社のファーストクラス搭乗者は入場を断られます。

シンガポール航空のファーストクラスかスイートクラス搭乗者しか入れない特別な部屋です。そのTHE PRIVATE ROOMで飲んだシャンパン、とっても美味しかったんです。

ブラン・デ・ミレネール 1995

見た事のない銘柄のシャンパンを提示されました、冷えてて結露してます。

f:id:free-travel:20170519165907j:plain

言ってないのにフルートグラスに溢れんばかりに・・・、

お味は、すっきり甘くなく美味しいです。

ミレジメが1995と表記され、RMかNMかは、わかりませんでした。Googleで検索するとシャルドネ100%のブランドブランでした。うまいはずです。

お値段 21600円となっていました。

せっかくなので、飲み比べてみようと思い、別室にあるファーストクラス ラウンジ、バーコーナーのシャンパンをお願いして持ってきてもらいました。

「パイパーエドシック レア 2002」

f:id:free-travel:20170519170736j:plain

こちらも、美味しいです。ミレジメは2002,NMと表記されてるのでネゴシアン

シャルドネ 70%, ピノ・ノワール30% お値段 17820円となっています。

飲み比べてみた結果、甲乙つけがたく、どちらも美味しかったです。

赤ワインは、[BISHOP SHIRAZ 2012]  [G.D.VAJRA BARBERA D'ALBA 2008]  [CLOUD BAY PINOT NOIR 2014]  [CLONAKILLA O'RIADA SHIRAZ 2013] この4本を抜栓してくれました、飲んだことのない銘柄ばかり、のちほどGoogleで調べたら1本あたり5000円から6000円ぐらいでした、レストランで飲んだら3倍の値段としても15,000円から18,000円です、とてもオーダーできません。

この高級赤ワイン、フォアグラバーガーなどをアテにしてたら、呑みすぎてしまいました。プライベートルーム内にあるダイニングレストランは、すべて無料です。

お金を払うレストランでは、こんな高級シャンパンや赤ワインは飲めませんし、ましてや自宅で飲むなんて、もっての他です。シンガポール航空さん大感謝です。