フリートラベル日記

ANA-SFC IHG-スパイア MRT・SPG・RITZ-プラチナ

フィンランド式 サウナの入り方 男女いっしょ 水風呂は湖

フィンランドのヘルシンキにビジネスクラスで行ってきました。

キャセイのマイルで発券しA350に初搭乗、詳しくは下記に。
free-travel.hatenablog.com

 

フィンランド サウナ は3箇所で体験しました。

 

1.宿泊ホテルのサウナ(無料)

宿泊した「クラウンプラザ・ヘルシンキ」の地下1階に大きなスポーツジムがあり、宿泊者は無料で利用できます、プールで泳いだり、プログラムも良いと言うので、ヨガ教室90分に参加しました、しかし先生のフィンランド語がわからず、廻りをキョロキョロしてヨガポーズをとっていました。

そこのシャワーブースにサウナ部屋があります、男女別なので水着は必要ありません。

入り口に、ロール式の幅広ペーパーがあり、切り取ってお尻に敷き利用します。

8畳ぐらいの部屋に焼き石があり、両サイドに2段で座れるようになっていますが、バケツが2つあり、石に水をかけると一気に温度があがり気持ちよくなります。

宿泊の後半は、男子サウナの調子が悪く低温度サウナになってしまい残念でした。

 

2.ヘルシンキ市内から近い薪サウナ(19ユーロ/人・クレジットカードok)

「loyly(ロウリュ)」

 

雑誌「るるぶ」を見て、行きました。(日本人おおいです)

宿泊ホテルからバスを利用、乗り換え無しで行けました、約20分で到着。

お店(サウナ)が、バス停の目の前で迷いません。

 

入場して右側がカフェ、左に10メーターほど行くと受付がありました。

予約したかと聞かれましたが、予約なしでも入れました。

水着の貸し出しもあり、持参したので断りました。

受付の手前で上着と靴を共同の場所に収納します、他人と同じ所に入れるので、カナダグースなどを着て行ったら、後から渡される鍵付きロッカーに入れた方が安心・安全かもしれません。

お金を払うと(クレジットカードok)バスタオルとお尻の下に敷くテーブルクロスみたいな物を2点渡されます。

男女、別々のドアに入り、渡された鍵の番号とロッカー番号を合わせると利用できます、荷物や傘、洋服など入れて、タオル類と鍵を持ち、次のドアを開けるとシャンプーやボディソープのあるシャワー部屋があります、そこでシャワーもあびれますが

サウナの近くにもシャワーあります、水バケツもあり

サウナ部屋は、大きいな薪ストーブがあり、非常に暑いです。

蓋を開けて、柄杓で焼き石に水をかけると、非常に熱い熱気が顔に当たり体感温度があがります、周りに断ってやりましたが、皆さん「やってくれと」気持ちよく言ってくれます。

水風呂がわりの、海が目の前にあり、手すり付きの階段があります。

当日は強風で波が荒く、泳ぐ事が出来ませんでした。

 

3.世界最高の薪サウナ(ユーロ/人)

「Cafe Kuusijärvi」クーシャルビの薪サウナ、

ここはNHKさんの番組「2度目のフィンランド」を観て知りました。

 

ヘルシンキ中央駅からバスで一本です、739番バスに乗車しました。

30分から40分ぐらいで到着。

バスの降り口で運転手さんや乗客が優しく

ここだよ、降りなさいと教えてくれました

f:id:free-travel:20171015061925j:plain

森の中で降ります、バス停から3分ぐらいで到着

道路に面した入り口

f:id:free-travel:20171015062032j:plain

ここから50メートルぐらい歩くと、左は広い駐車場

右に行くと

f:id:free-travel:20171015062343j:plain

さらに進みます

f:id:free-travel:20171015062433j:plain

 奥に建物が見えてきました

f:id:free-travel:20171015062601j:plain

立て看板の入り口に近づくと

「SAUNA」サウナの字が

f:id:free-travel:20171015062800j:plain

ここを入ると受付があり、右に食事処、左にロッカーと更衣室、シャワー、二つの電気式サウナがあります。

スチームサウナ料金を払うと、「紙の腕輪」をされ払込済みのマークになります。

f:id:free-travel:20171104174827j:plain

スモークサウナは施設の外にあり、少し歩きます。

この時に「サンダル」が必要になります。

忘れた方は、レンタルが無いのでフロントで買うか、裸足で歩くかです。

 

テレビ放映では、お金を払って

大きい方のスモークサウナまで歩き、

脱衣所で水着に着替えてました。

しかし、水風呂がわりの湖まで50メーターほど歩くので、

厳寒期は、サンダルが必要になると思います。

 

スモークサウナは13時からと聞いてましたが

小さい小屋の方だけで、大きい方は15時でした。

15時まで時間があるので小さい方へ入ってみます

f:id:free-travel:20171015082843j:plain

8人ぐらいで満席のスモークサウナで煙いし、すごく暑いです。

しかし電気式には無い高温サウナで優しい感じがします。

常連さんが焼き石にゆっくり水をかけると一気に温度があがり

「これがフィンランドサウナかぁ」、と叫びたくなる暑さが襲ってきます。

常連さんは、じっと座り汗を流しています。

 

汗をかいたので、湖に向かいますが

水温 9度から10度ぐらい、足だけでギブアップです。

水分補給をして再度、サウナです。

休憩をいれながら、身体を休めたら15時になりました。

テレビ放映していた、大きいスモークサウナへ

f:id:free-travel:20171015085233j:plain

サウナのドアに貼紙が

f:id:free-travel:20171015085344j:plain

開始時刻のようです。

中に入ると広いですが、階段も数段高くなっており、

先ほどの小屋より暑いです。最上段に上がって楽しみます。

常連さんが話しかけてくれ、ここのサウナの良さを教えてくれます。

北欧のかたは、優しく接してくれて、とても楽しいです。

一度、石を焼いたら終わり。2度と焚かないので

早い時間が高温だと言います。

暑いですが湖に入りたいので、じっと我慢です。

とうとう限界が来て、湖に向かいます。

f:id:free-travel:20171015090258j:plain

 せっかく来たので、頭まで入りました。

冷たくて痺れます。あわてて水から上がりますが気持ち良いです。

常連さんは、

「ここを体験したら、電気式サウナじゃ物足りないよぉ。最高だろー」

って笑顔で話してきます。

 

まとめ

結果は、最高です。

ヘルシンキのサウナに行くならクーシャルビに行きましょう。

おすすめします。

それは最高の場所と常連さんのホスピタリティです。

なんか大衆酒場、スペインやポルトガルのバルで知り合った方の親切、

おせっかいに感謝みたいな マキのサウナです。

ヘルシンキに行ったら、ぜひ行ってください。

 

ここで持参するものは、小屋や湖に行くための「サンダル、(売り物あり)」

「バスタオル」、現地では4ユーロです、私たちは何故か無料でした。

「シャンプーやボディシャンプー、トリートメント」

 

一番大事なのは、常連さんが話しかけてくるので、会話を楽しんでください

私のように片言の英語しか話せなくても、親切で優しいです。

また行きたいなぁ・・・

 

旅行って良いですね、マイラーさん達の情報開示に感謝です。

僕たち夫婦でも旅行が行けるようになりました、ありがとうございます。