フリートラベル日記

ANA-SFC IHG-スパイア MRT・SPG・RITZ-プラチナ HILTON-ダイヤ

横浜ベイシェラトン 宿泊記 SPGプラチナで検証 お部屋編

横浜ベイシェラトンに初めて行ってみました。 

横浜ベイシェラトンは横浜駅西口にあり、地下通路からも行けるホテルでした。

地下通路から行けるのは、暑さや寒さ雨などから避ける事が出来るので、便利だと思います。

チェックイン

プラチナ会員は26階のシェラトンクラブ ラウンジでチェックイン出来るのでそちらに直行しました。

予約は最安値の部屋でしたが、最終的に アサインされた部屋はラグジュアリーフロア 2101 号室のエグゼクティブ・キングベッドルーム(50㎡)。

アップグレード検証

横浜ベイシェラトンさんはプラチナ会員で最安部屋の予約だと、スイートルームにアップグレードしてくれませんでした。チェックアウトは申告すれば16時まで可能です。

部屋のミニバー

お部屋に白州12年、シーバスリーガル12年、ヘネシーのミニチュアボトル(50ml)がありお値段 1,340円。サントリーの白州12年と響17年は原酒不足で生産調整に入り、市場では飲めなくなっている超貴重品です。

ゴールデンウィークのANA 羽田ーハワイ路線 ビジネスクラスで響17年が、メニューから消えて残念な思いをしました。(年末年始のハワイ便では機内で飲めました)

グラスの種類も豊富で、大きいワイングラスが部屋に置いてあり驚きました。

f:id:free-travel:20180621112931j:plain

追記:2018.12月上旬に宿泊したところ、全室ミニバーが無くなりミニチュアボトルの提供が終了したそうです、残念。

 

アメニティ

アメニティはKOSEさんの「QUEST」

女性用には、化粧水、乳液、クレンジング。男性用には、ヘアトニック、ヘアリキッド、アフターシェーブローションありました。

浴室

洗面所の左手に風呂場、レインシャワーあり、洗い場も広いです。

お風呂の幅は1500mmで大きめ。入浴剤もあり、ゆっくり入れます。

ヘアシャンプー・リンス・ボディウォッシュはシェラトン定番の品「le grand bain」

ベットルーム

シェラトンクラブ(クラブラウンジ)のマネージャーさんによると、通常のワンベッドルームは34㎡だそうです。宿泊した部屋はエグゼクティブ・キングベッドルームなので、50㎡と広めの作りです。

ラグジュアリーフロアは4月に改装が終わったらしく、部屋は綺麗で変な香りもしません。上層階のクラブフロアは昨年、改装が終わったそうです。

ベッドサイドにも電源があり、充電には困りません。リクエストしてないのに加湿器も置いてあり、うれしいです。f:id:free-travel:20180614105912j:plain

よくある机を無くし、部屋を広くしてるそうです、ソファもあり良いです。

f:id:free-travel:20180614105840j:plain

まとめ

アップグレードでスイートルームはダメでしたが、エグゼクテイブキングは広くて綺麗、アメニティも充実しており奥方も喜んでくれました。お値段しだいですが、再訪したいです。

横浜だとインターコンチネンタルを利用してましたが、横浜ベイシェラトン良いと思います。

失敗した事

うっかり予約時に1人分の宿泊費(18,960円)で予約、チェックインの時に判明し1人分の追加料金(約6,000円)が発生、ヒルトンやインターコンチネンタルなどは1人でも2人でも料金は変わらないので失敗しました、思わぬ出費が・・・・支払い額が24,900円になってしまいました。

 

おわり